【同棲中の悩みあるあると解決法】楽しく過ごして結婚へ


大好きな恋人とずっと一緒に過ごせる同棲だからこそ、いろいろな悩みはつきものです。この記事では、同棲中の悩みあるあると解決法について紹介していきます!

同棲中で悩みを抱えているカップルや、これから同棲をしようと考えているカップルは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

同棲中の悩みあるある

ここからは「同棲中の悩みあるある」について紹介していきます。大好きな恋人とずっと一緒に過ごせる同棲には「悩みなんてないんじゃないの?」と思っていませんか?

実は、ずっと一緒に生活をするからこそ、芽生える悩みはいろいろあるのです。それでは、詳しく見ていきましょう。

生活観の違い

恋人同士とはいえ、やはり価値観がすべて一致するということは少ないです。その中でも、同棲中であれば、生活観の違いを感じてしまうことがあるでしょう。
たとえば、就寝時間や、水回りの使い方など。

というのも、今まで育ってきた環境が違えば、ルールや当たり前が異なっているのは当然のこと。それらの違いを受け入れてこそ、2人の絆はより深まっていくのです。

お金の管理がうまくできない

同棲をはじめて間もない頃は、慣れないことも非常に多いため、お金の管理がうまくできなくて悩んでしまうことが多いです。特に、共働きのカップルの場合は、自炊をする時間がなかなかとれないため、外食やコンビニで買ったものが中心になってしまいます。

そのため、どれだけ働いても、食費が掛かってしまい、思うようにお金が溜まらないことがあるでしょう。また、同棲をはじめる前から、お互いのお金のルールについて決めておかなければ、関係がこじれてしまう危険性もあります。

家事を手伝ってくれない

同棲する際に、どちらか一方に家事を押し付けてしまうカップルは結構多いです。そのため、最初の頃はよくても、だんだんと「どうして手伝ってくれないの?」と不満が溜まってしまいます。

また、家事と一口にいっても洗濯や料理、掃除などたくさんありますよね。もちろん、はじめてのこともあれば、苦手分野もあると思います。ですから、家事分担はある程度でいいので、最初にきちんと決めておくことが大切です。

自分の自由な時間がない

同棲するということは、常に一緒に生活をするということ。つまり、自分の自由な時間はありません。たとえば、1人でゆっくり読書をしたいと思っても、相手が話しかけてきて集中できないことがあるかも。

また、気分が落ち込んで1人になりたいときも、同棲をしているとなかなか1人になれる時間はないのです。ですから、もともと1人でいる時間を大切にしている人にとっては、少しストレスになってしまう可能性があるでしょう。

嫌な部分が見える

同棲をすることによって、良くも悪くもお互いの素の部分を見る機会がたくさん増えるでしょう。その中で、お互いの嫌な部分が見えてくることは、かならずといっていいほどあります。

たとえば、服は脱いだら脱ぎっぱなしだとか、几帳面すぎて疲れるなど。ですが、同棲のうちに嫌な部分が見えることは、むしろラッキーともいえます。もし、結婚してから嫌な部分が見えてしまっても、すぐにはどうすることもできませんからね。

結婚できるのか不安になる

同棲をしていく中で、ほとんどのカップルが結婚を考えているでしょう。ですが、中には同棲の居心地の良さに甘えてしまい、つい結婚にまで辿り着かないカップルも多いのです。

というのも、どちらかがどれだけ「結婚したい!」と思っていても、1人ではどうにもできませんよね。ですから、同棲をする際は結婚をズルズル先延ばししてしまわないためにも、事前に期間を決めておくことが大切なのです。

解決法

ここまで「同棲中の悩みあるある」について紹介してきました。生活観の違いや、結婚できるのか不安になるなど、同棲に悩みはつきものです。ですが、これらの悩みを乗り越えてこそ、結婚という明るい未来が待っているもの。

それでは、ここからは同棲中の悩みを解決する方法を紹介していきます。

違いを受け入れる

同棲をする中で、もっとも大切なのは「お互いの違い」を受け入れることです。1日中一緒に生活をしていくと、今までのデートでは見えなかった、お互いの違いがたくさん見えてくるはず。

もちろん、同棲を結婚前のシミュレーションとして活用しているカップルも多いですから、お互いの違いを受け入れなければ結婚には辿り着けません。やはり、お互いの違いを受け入れてこそ、2人の絆はより一層強くなります。

ですから「相手のこういうところが嫌い!」とマイナスに考えてしまうのではなく「こういうところも愛おしい」と思える心の広さが大切なのです。

お金のルールを決める

生活費や交際費などのお金についてのルールは、事前に決めておくことがとても大切です。もし、将来結婚を考えているカップルであれば、なおさらお金のルールは決めておくことをおすすめします。

というのも、いくら恋人同士とはいえ、お金についてはやはりセンシティブな問題です。それこそ、まだ結婚していないからこそ、お互いの自由は尊重しなければなりません。

また「金の切れ目が縁の切れ目」というように、お金のトラブルで別れてしまうカップルも結構多いです。お金についての問題でギクシャクしないためにも、同棲する前からきちんとお金のルールについて決めておくようにしましょう。

家事は分担する

お金のルールと同様、家事分担も事前に決めておくことをおすすめします。たとえば、どちらか一方が率先して家事をしてしまうと、もう一方はつい甘えてしまうのが現実です。

もちろん、最初のうちは問題なくても、時間が経つにつれて「相手はなにも手伝ってくれない!」と不満が溜まっていくでしょう。ですから、そうならないためにも、事前に家事分担を決めておくことが大切。

残業や休日出勤など、やむおえない事情意外は、きちんと分担通りに家事をこなしていくと良好な関係を保っていけるでしょう。

感謝の気持ちを伝える

人は慣れるにつれて、それが当たり前に感じてしまうものです。たとえば、洗濯物をたたんでくれたら、きちんと感謝の気持ちを伝えましょう。

「別に当たり前のことでしょ?」と考えるのではなく、どんな些細な事であっても感謝の気持ちを伝えることが大切です。同棲を経て、結婚するカップルは共通して、感謝の気持ちを伝えることを徹底しています。

結婚までの期間を決める

結婚という責任を背負わずに、大好きな恋人とずっと一緒に生活ができる同棲は、非常に居心地がいいため、つい結婚までズルズルと引っ張ってしまう可能性があります。

もちろん、同棲は結婚までのシミュレーションとして活用するカップルが多いのですが、やはり一緒にいる時間が増えるからこそ「結婚」という将来が明確に見えなくなってしまうのです。

ですから、結婚までの期間を事前に決めて、同棲をすることをおすすめします。2人だけの口約束では不安なのであれば、お互いの両親と約束しておくと、結婚までスムーズな足取りで進んで行けるでしょう。同棲から結婚へ進んで行こう!

同棲中の悩みあるあると解決法について紹介してきました。

悩みがいろいろと出てくる同棲ですが、ここを2人で乗り越えられれば、明るい未来が待っていることはいうまでもありません。
ですから、この記事で紹介した内容をぜひ参考にして、同棲生活を楽しく有意義なものにしていきましょう。
そして、2人が望んだ結婚へと進んで行ってくださいね。