同棲の実態が分かるリアルアンケートを3つ実施しました、、、

お勧めアンケート

同棲って始める前に色々と不安になりますよね?このページをご覧のあなたも、何かしらの不安を抱えていることと思います。

そこで今回は、私の独断と偏見で3つのアンケートを実施してみました♪

内容のほうは、

  • 同棲のタイミングに関するアンケート
  • お金に関するアンケート
  • 部屋の間取りに関するアンケート

になっています^^

タイミングがすべて!早すぎても遅すぎてもうまくいかない。

今回同棲経験のある友人たちみんなが口を揃えて言ったことがこれです。付き合ってどのタイミングで同棲に踏み切ったか。まずはこの話題で盛り上がりました。

タイミングは人それぞれなのは言うまでもありませんが、付き合い始めてからどのタイミングで同棲を始めるかによって、相手のことがよく見えてきたり逆にわからなくなったりとするようです。

付き合ってから同棲までが早い場合。同棲をきっかけに、相手の今まで見えていた部分とは違う部分やまたは知らなかった部分が見えてきた時、それが自分にとって理解しがたいものだったりするとこれまでとのギャップに驚き、相手を受け入れ難くなる傾向にあるようです。

付き合いが浅い分、知らないところが多いから当たり前なのかもしれませんが、その分、まだ恋の温度も高いままなゆえにショックも大きくなるというわけです。

付き合ってから同棲までが遅い場合。付き合いが長い=同棲=結婚が近い。という錯覚に陥りがちですが、むしろ逆かもしれません。

相手を知りすぎているがゆえに生活をともにすることで、今まで許せていたことが急に許し難くなったり、自分と違う価値観を目にすると受けると大きなショックを受けるようです。

避けては通れない!お金の話。

同棲生活。響きだけでルンルン明るい気分になりますが、現実的な話になってくると、お金の話は避けられません。同棲することが決まっても、しょっぱなからお金の話でもめるカップルもたくさんいました。

まず、部屋を借りる際にかかる

  • 初期費用
  • 引っ越し費用
  • 生活費

それらをお互いどういう割合で負担していくのか。

きちんと先に話し合っておかないと見切り発車でスタートしてしまうとすぐにうまくいかなくなるようです。金の切れ目が縁の切れ目ではありませんが、ちゃんと向き合って話し合っておくことが何より大事なのです。

どんな割合で負担したのか。経験者たちの話をまとめると、どれもこれも平等に折半した。というカップルよりは、項目によっては完全折半、完全自己負担。と、わけて負担しあったカップルの方がうまくいく確率が高いようでした。

お金の話をきちんとしなかったというカップルは、やはり早い時点でうまくいかなくなり、同棲解消してしまったパターンが多い傾向にあるようです。

あなどれない!部屋の間取り。

同棲してしまえば、どんな部屋の間取りでも同じ屋根の下なんだからかまわない。初めはきっとそう思うかもしれません。ですが、実際生活を始めてみると、意外とこの間取りが2人の距離感を大きく左右します。

「いつも一緒にいたいから1LDKで充分。」そうは思っても、実際は1人になる時間がまったくないとそれはそれでストレスを感じたりするもの。費用的なことを考えても1LDKを選ばざるを得ない場合を除けば、できれば1LDKよりは広めがいいようです。

ですが、部屋が狭い分家賃が安いというメリットもあるのは事実です。

それぞれの空間と時間を大切にすることを重視するのであれば、やはり2LDKくらいはほしいところ。1人1人の時間があるからいいのですが、逆にどうして同棲しているのかちょっとわからなくなったというカップルもいます。

広い分家賃が高くなることもデメリットかもしれません。

2人の時間の過ごし方をどう位置づけるのか。そのことをしっかり決めておかないと喧嘩しても逃げ場がなくつらい状況が続いてしまいうまくいかなくなったり、距離がありすぎてなんのための同棲なのか本末転倒になってしまったりするようです。

まとめ

私の体験談、同棲経験者の話を一通り聞いて思ったこと。当たり前のようですが、うまくいくもいかないも2人で事前にちゃんと話し合っておくことが何より優先されることだと思います。

同棲を始めるタイミングも、どちらかがまだ早いと感じていればそれを相手に伝えてちゃんと話し合うべきですし、遅いと感じでも今更あえてしなくてもという気持ちがあれば伝えるべきです。

お金の話は絶対です。生活を始めてからでもうまくいくといのは甘い考え。負担する割合や項目は避けずにきちんと話し合わなくてはいけません。

同棲はあくまでも結婚とは違います。お互いが平等な関係であるからこそ、事前にいろんなことをきちんと決めて役割分担することが大事なんだと思います。同棲は結婚に比べるとお互いに対する責任感が小さいのも事実です。

ですが、だからこそ万が一失敗してもやり直しが効くというメリットもあります。チャレンジしてみる価値が大いにある生活スタイルなんだと思います。