同棲とルームシェアの違い。ポイントは「○○」!?

ルームシェア

男女が同じ家に一緒に住んだら同棲?じゃあルームシェアってなに?今日は同棲とルームシェアの違いについて考えてみたいと思います。

部屋が分かれ、プライベートが守られる

同棲の場合は、共通して使う部屋がほとんどなのでプライベートが無くなってしまいがちですが、ルームシェアの場合は部屋がしっかり分かれているので、プライベートを守ることができます。

ルームシェアの場合でも、リビングやキッチン、トイレやお風呂などはもちろん共通です。ですが、個人の部屋は別にありますから、自分好みのレイアウトにすることもできますし、騒音など迷惑をかけない程度であればいつでも趣味や仕事に没頭することができます。

もちろん鍵を着けることもできますから、一緒に住んでいるからと言って邪魔をされることもありません。ルームシェアはどちらかと言えば、友人同僚とするのにお勧めなライフスタイルですね。

 

お金は完璧に折半なので気が楽

同棲ではなくルームシェアをしている方に話を聞くと、最も魅力的なのが「お金が完璧に折半なところ」なのだそう。確かに、同棲であれば収入が多い人の方が多く出したりと不公平感が出てしまいますよね。

ですが、ルームシェアの場合は家賃はもちろん、光熱水費、更新料などは全て折半です。

綺麗に半分に割られるので「自分の方が多く出したのに」なんて喧嘩にもなりませんから気が楽です。また、半分にすることによって1人暮らしをするよりもかなり支払いを抑えることができるので、趣味にお金を使ったり貯金できたりするのも魅力的なところです。

 

相手に合わせることなく自分のペースで生活できる

同棲をしていると、一緒にご飯を食べたり起きたりと相手の生活のペースに合わせなければいけません。それはそれで幸せと感じる方も多いですが、実際は「しんどい」と思う方も多いです。

ルームシェアの場合は、起きるのもご飯を食べるのももちろん1人ですので、自分のペースに合わせて生活することができます。その日の気分で急に外食をしてみたり、旅行に行ってみたりするのも自由です。

確かに、ご飯の支度も全部1人でしなければいけなかったりと大変な部分もあるのですが「自由に生きたい」という方はルームシェアが向いているでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。まとめてみると、同棲はカップルがするもの、ルームシェアは友人や同僚でするものというイメージが強いですね。どちらを選ぶかによって、お金の考え方や生活の仕方なども全く違う考えですので、よく検討した方が良いでしょう。

どちらにも言えるのは「パートナーのことを思いやった生活が必要」ということです。

深夜に騒音がしていたり、共通の部分が汚れていたりすれば同棲でもルームシェアでも嫌な気持ちになってしまいますよね。そんなことにならないためにも、関係が成り立っていたとしても気を遣えるところは遣うようにしましょうね。