同棲に最適なソファー選びのコツは?サイズは?

同棲のソファ

同棲のソファってどんなデザインの物を選べば良いのか、サイズなんかも気になったりしますよね?安い買い物ではないし、一度買ってしまったら買い直すのは当分先なので、慎重に決めたいところです。

そこで今日は、同棲のソファ選びの参考になる情報をお届けしていこうと思います。是非、参考にしてみてくださいね!

用途別、3つのタイプが候補に挙がるソファーのタイプ

彼と二人で一緒に使うソファーを選ぶときに大事なのは、何に使うのかです。

  • 一緒にテレビを見たりする?
  • ベッドとして活用する?
  • お昼寝、うたた寝として活用する?

 

一緒にテレビを見たりするだけなら、両肘がついているタイプのラブソファーがいいでしょう。ヨコのサイズが130センチほどの小ぶりなもので、寄り添って座ることが出来ます。

ベッドとしても使うのなら、折りたたんで使うベッドタイプがいいでしょう。

お昼寝、うたた寝をしようかなというのでしたら、片側にだけ肘当てが付いたタイプも良いと思います。足が延ばせるので、そのまま楽な姿勢で、睡眠モードに入りやすいですね。

どのようなお部屋で使用するかにもよりますが、大体はこの3つが候補になります。

 

丈夫なソファーは長持ちしてお得!

同棲のためにソファーを購入して、のちに結婚して子供が生まれた後も無駄なく活用出来ている事例を紹介します。

ソファーを買いたいけれど、どうしようかずいぶん考えたカップルがいました。2人が選んだ部屋は2DKの賃貸マンション。

男性の体が大きめなタイプだったので、折りたたみ式のソファベッドを買ったのです。長さが180cmの大きめサイズにしたそうです。部屋に設置したら、まぁまぁの存在感があったそうな。

しっかりしたベッドだったので、とても丈夫で、10年以上も不自由なく使えています。今は結婚して、カップルは夫婦になり、子供が小学校に行っています。

そのソファベッドは、今では子供部屋で使われています。ベッドとして、その子が成人になるまでずっと活用するそうです。

同棲といえど、いずれは結婚を見据えての生活になると思います。ソファは安い買い物ではないので、もし将来まで考えるなら、少し高くても長く使えるソファを選ぶ方が良さそうですね。

 

ソファーを買ったら、ソファーカバーも一緒に使う場合に注意すること

新品ではないソファを購入して、お古だけど再び綺麗に活用したいという場合があるでしょう。

中古品だけど格安だったから、という理由だったり。
家族から譲ってもらえた場合だったり。
または、新品で買うけれど、きれいに使いたいからカバーを付けておきたいという場合です。

ソファーのカバーにはいろいろなタイプがあるのです。ここでちょっとしたアドバイスがあります。

ソファーをしっかりとカバーするタイプのストレッチ素材の布で出来たソファカバーというものが一般的にあるのです。そのようなタイプの場合は、肩肘だけのカウチソファーは装着しにくく、販売されていません。両肘付きタイプか、肘掛けなしのタイプのソファーなら、カバーも選びませんので、覚えておくと安心です。

 

まとめ

今日は、カップル同棲向けのソファー選びについて書いてきました。

お部屋のインテリアに重要なイメージを担うソファーです。選び方によって、使い道も色々です。サイズが部屋の中でちょうど良いか、間取り図や図面を広げて検討してみると良いですね。

部屋の真ん中に置いて使うのか、壁にくっつけて使うのかでも、サイズが変わります。小さい方が、今後どんな部屋に引っ越しても設置しやすいです。でも、大柄な人にはちょっと窮屈かもしれませんし。

良い物を買ったら、長く使えて、結局お得な買い物だったということもあります。後でイメージを変えたい場合はカバーを取り換えるのもいいアイディアです。