「彼」手取り20万「彼女」手取り20万カップルの同棲生活の実態


社会人になって数年の同棲カップルだと、彼氏彼女ともに月給20万というパターンも多いのでは?

では、上記のようなカップルの場合、どのような同棲生活になるのでしょうか?

同棲するまでのこと

彼は1つ年上の営業マンで、私は幼稚園教諭をしています。彼は社会人2年目でだいたい手取りが20万円程です。私は社会人3年目でだいたい手取りが20万円程です。

来年結婚をしようということになり、1年前より同棲を始めることにしました。私達の場合は2人の貯金を合算することにしました。

同棲するに当たり家具や家電などを揃えようとするとだいたい冷蔵庫や洗濯機、その他の家電、家具を揃えていると、なんだかんだ50万円弱程かかり、賃貸を借りるにも頭金35万円程がかかりました。

同棲を始めるには、同棲を始める前にも沢山お金が必要でした。彼の貯金で家具や家電を揃え、私が賃貸の頭金を出すと、残った貯金がだいたい同じぐらいだったので、合算し一緒に貯金することにしました。

同棲中のお金の使い方

同棲を初めて、家賃は7万円の2LDKのところに住み始めました。

お金の使い方としては、私の給料が2人の貯金の銀行口座に振り込まれ、それには出来るだけ手をつけず、全てを貯金出来るようにしました。

そして、彼の給料から家賃や光熱費、生活費などを払い、彼のお給料は毎月使いきって良いものにしました。ですが、毎月車の税金などの支払いなどがあると、2人の貯金の銀行から払うことも度々ありました。

ですが、このお金の使い方は私的にはとてもやりやすく、お金の問題で喧嘩をすることなどは全くありませんでした。

ちなみにお互いのお小遣いは彼が毎月3万円で私はだいたい必要な時だけ貰う感じで2万円程でした。このお金の使い方で、コツコツと2人の貯金は増やすことができました。

2人で頑張ってお金を貯めてたまには楽しく

2人で毎日頑張って働いているので、ボーナスなどが貰えた時などは、お互いに欲しかったものを買ったり、2人で旅行などにいって贅沢をするのも良いと思います。

また、同棲中に将来の事を考えて結婚式場のブライダルフェアなどに参加するのも楽しいと思いますし、2人の将来のことを考える良い機会になると思います。

ただ、同棲して2人で一緒に暮らしているのではなく、同棲をして2人でよりお互いのことを知り、この同棲が結婚生活への一歩だと考えより意味のある同棲生活すると良いと思います。

結婚をして子どもなどが出来ると2人きりの時間と言うものが持てなくなります。なので、この同棲生活の時間と言うものはとても、自由に2人の時間を楽しめる唯一の時間です。
 

まとめ

同棲とは2人の将来を見据えてするものです。同棲が上手くいく為には、同棲生活を始める際にお互いに納得のいったお金の使い方。をまず決めることが大切だと思います。

2人で結婚をするために頑張ってお金を貯めようね。と2人で決めておくと同棲生活も上手くいくと思います。2人で一緒の目標を持って毎日を過ごすことにより、よりお互いを知り、好きになることが出来ます。

同棲をすることは、結婚をすると言うことに近づくか、もしくわ別れることになるのか。のどちらかだと思います。ですが、結婚をする前には私は必ず同棲をするべきです。

その同棲生活を楽しくするために、同棲を始める前にお金の事はきちんと決めてからするべきだと思います。