同棲中の彼が喜ぶバレンタインプレゼントTOP3


同棲している彼が喜ぶバレンタインプレゼントで迷っていませんか?

一緒に住んでいるからといって、彼のことが全部わかるわけではありません。

どんなプレゼントなら彼は喜ぶのか、お話していこうと思います。

彼が好きな食べ物を手料理してみる

同棲中の恋人同士の中には、家賃や食費など、生活する為に必要なお金を折半して暮らしているという人もいると思います。その場合、お互いが仕事を持っていることがほとんどで、ついついお惣菜など出来あいの物に頼らざるをえない時があります。それを理解しているからこそ、ご飯は手作りでなくていいよと言ってくれる彼氏もいるのではないでしょうか。
とはいっても、毎日外食やインスタント食品では経済的にも健康的にもよくありません。悩みもないのに彼が落ち込んでいるのであれば、内心そんな生活に嫌気がさしているのかも。そんな時は、彼が好きな料理をたまには手作りしてみるのはどうでしょう。彼がどういった食べ物を好むのかは、長く付き合っていないと見えてきませんが、同棲は共有する時間が長いので、日頃彼をよく観察していれば見えてきやすいのではと思います。
仮に、うまく作れなくても喜んでくれるはずです。おつまみなど、まずは簡単な物から作ってみましょう。
 

彼が良く使うものをプレゼントする

普通に予定を合わせてデートするような恋人の場合、彼のふとした会話からでないと、趣味や好きな物、仕事関係のことが見えてこないことがあります。
同棲カップルのいいところは、普段彼があまり自分のことを話さないタイプであったとしても、元々彼が住んでいたところにあなたが転がり込んだのであれば、プレゼントのネタを考えるチャンスがあります。良く使っているお茶椀やバッグ、スマホケース、眼鏡ケースなど、彼の所有物をなんとなく観察していれば、「そういえば、ジムのタオルが、もうボロボロだったな」とか彼が必要としている物が見えてくるはずです。
何を渡したらいいのか分からない場合、自分が良いなと思った物を渡してしまいがちですが、意外と喜んでもらえなかったりしますよね。
そんな時は、渡す物は自由に選びつつも、カラーバリエがあるものなら、彼の好きな色を選んであげると良いかもしれません。普段着用する洋服や小物、ガラケーのケースなど、人は好きな色で統一する物なので、それを参考にしてみましょう。
 

初心に戻ってやっぱりチョコレート

それでも、バレンタインに何を渡すべきなのか思いつかないことがありますよね。
同棲しているからもっと大人っぽい物を渡したいとか、人と違った物を渡したい、チョコレートは付き合い始めの恋人が渡すものだと考えてしまいます。
普段とは違ったことをしようとハードルをあげてしまうからこそ、渡したい物が見えてこないこともあります。
彼がチョコレートが嫌いだったり、ダイエット中といった特別な理由がないのであれば、定番通りにチョコレートの方が気楽なのではないでしょうか。
例えば、いつもデパートで高級チョコを買っていたのであれば、手作りケーキ屋さんのチョコレートにしてみたらいかがでしょうか。
デパー紙袋は一見ブランドのように見えて素敵ですが、見栄を張っているかのように見えて重いことがあります。
ラッピングが自分で出来ないという方でも、個人経営のお菓子屋さんは家庭的なラッピングなので、貰う方もどこかほっとするはずです。
 

まとめ

バレンタインは、一度きりではあるけれど、相手が喜んでくれるかなと思って選ぶプレゼントは、毎回ドキドキしますよね。同棲していれば、記念日なんてもうしないという人もいるかもしれませんが、マンネリ防止も兼ねてたまにはサプライズで渡してみるのも素晴らしいアイディアです。
物作りが好きなカップルなのであれば、一緒にチョコレートを作り、その場で完成品を交換したり、食べっこするのも良いと思います。
同棲だからと肩筋を貼らず、いつも通りに、だけどちょっとだけ工夫したものをプレゼントするのが、大人のバレンタインだと思います。