おすすめの枕といえばヨコネ!睡眠の質でお困りならこれ一択!

たくさんの枕

睡眠の質。それは枕で決まると言っても過言ではありません。今回は睡眠の質を劇的に向上させてくれるおすすめの枕を紹介していきます。

現代人の二人に一人は、睡眠に関するなんらかの悩みを抱えていると言われています。いびき、腰痛、疲れがとれない、等々。悩みは人それぞれですが、なにかしらの悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか?

睡眠の質を向上させる良い枕で、睡眠を変えて、同時に生活も変えてみましょう。

良い眠りってどんな眠り?睡眠のコツとメカニズムとは。

人間は、人生の三分の一は眠っています。その三分の一をどう過ごすか、これは人生の質にも関係する問題です。

はぁ~。今日もよく眠れなかった。そんな眠りばかりでは、起きている時間の質も悪くなる一方ですよね。安眠できた日は、大抵仕事や勉強もうまくいくものです。

でも、質の良い睡眠っていったいどういうものなのでしょうか?良い眠りを知らないのに、質の良い睡眠をとりようがありません。

おすすめの枕を紹介する前に、まずは睡眠のコツメカニズムについて紐解いていきますね。

 

目覚めが悪い人は?

目覚めが悪い、寝起きが悪いという人は良い睡眠がとれているとは言えません。まずは起きるタイミングを見直してみましょう。

睡眠のメカニズムには、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」が大きく関係しています。ここでは細かい説明は省きますが、要するに人間は深い睡眠と浅い睡眠を繰り返しているわけです。

起きる時間はレム睡眠(浅い眠り)の時間に合わせていきましょう。

具体的には、

  • 4時間30分
  • 6時間
  • 7時間30分

という時間に合わせて起きることによってスッキリと起きられます。

ただし、人によって30分程度の誤差があるようなので、何度か自分で試して調整することをおすすめします。

 

良い睡眠のコツは良い寝付き

夜布団に入ってもなかなか眠れないという人。多いですよね。

なかなか寝付けないということは、睡眠時間を確保するのが難しくなってきますし、そうなるとスッキリと目覚めることも難しくなるという悪循環に陥ります。

寝付きをよくするためには、良い準備をすることが大切です。

良い準備とは、脳が眠りにつきやすいような状態を作り出すことにあります。寝る前に脳が活性化するようなことは避け、すぐに眠りにつける体制を整えておきましょう。

睡眠前に気をつけること!

  • スマホやPCの画面は布団に入る2時間前からは見ない
  • 適度に脳と体が疲れた状態を作っておく
  • 夜はカフェインをとらない(カフェインの持続時間は4時間以上)

寝る前に脳と体をリラックスさせておくことで、布団に入ってからの眠りをスムーズにしてくれますよ。

 

寝具が眠りを決める!?一番おすすめできる枕

眠りの質を高めるコツをお伝えしましたが、全てを実行し、且つ高い効果を得られる人という人はなかなかいません。

忙しくて睡眠前の時間を十分にとれないという人もいれば、いびきや腰痛などの要因で悩んでいる人もいます。睡眠の質を高めるコツはあくまでコツであって、基本的な部分だからです。

劇的に眠りを変える要素というのは、やはり「寝具」です。

寝具を変えたところで何も変わらないと思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

高級ホテルのベッドはやはり寝心地が違いますし、安物の布団では疲れは取れにくいです。でも安さを重視した寝具は、体のことを考えて作られていないから当たり前ですよね。かといってマットレスや布団を一式変えるのは難しいと思います。

そこで、まずは「枕(マクラ)」から変えることをおすすめします。枕は睡眠時の姿勢、体勢を決める重要な役割を担っています。

いわば睡眠の心臓部とも呼べる部分。

でも枕って人によって合う合わないがあるから選ぶのが難しい。そんな声が聞こえてきそうです。

今回は、満足度が高くどんな人にも合う枕として、「ヨコネ(YOKONE)」をおすすめします。

ヨコネの商品画像

 

ヨコネ(YOKONE)の秘密は横向きで寝ること!?ヨコネを使うメリットとは

  • 眠りが浅くて困っている
  • イビキや腰痛を解消したいと思っている人

にこそおすすめできるのが、このヨコネです。

一番の特徴としては、「横向き」で寝ることを推奨した枕だということです。商品名が「ヨコネ」なのでそのまんまですが、それほどこの枕を使って横向きで寝ることに価値があるということなんですよ。

ヨコネを使って横向きで寝られるメリットは、

  • いびきの軽減
  • 腰への負担が減る
  • 睡眠時無呼吸症候群の防止
  • そしてなにより

  • 睡眠の質が上がる

ことです。

これは、右側を下にして眠ることで、睡眠時に気道を塞がずに内臓や腰への負担が減らせるという研究結果からきています。

短い睡眠時間でも熟睡したいという忙しい人にとって、体を最大限休めることができるというのは嬉しいですよね。眠りの悩みがある人は、ヨコネを使って横向きで寝ることをおすすめしますよ。

横向き寝 枕 横向き寝用枕 いびき 枕 睡眠時無呼吸症候群 横寝枕 ストレートネック 肩こり 枕 CPAP が使いやすい 気道を確保 頭痛 疲労回復 マッサージ機能 YOKONE3

 

横向きで寝ることだけじゃない!?ヨコネをおすすめできる理由

横向きで寝た方が質の高い睡眠ができる。ということは普通の枕で横向きで寝たらいいんじゃないの?と思うかもしれませんね。ですが、それはあまり推奨できません。

通常の枕は柔らかすぎるからなんです。

通常の枕は横向きで寝ることを前提に作られていないため、頭全体が沈み込むようにできています。横向きの状態で頭が沈み込むと、首の骨が真っすぐになりません。

もちろん、他の枕では絶対にダメというわけではないですが、首の骨が曲がっている状態では最高の睡眠とはいいがたいです。

その点が計算しつくされているというのも、ヨコネをおすすめできる理由です。頭、肩、首、腕を効果的に支えてくれる設計になっているので、ちゃんと最適な姿勢を維持してくれます。

横向き寝 枕 横向き寝用枕 いびき 枕 睡眠時無呼吸症候群 横寝枕 ストレートネック 肩こり 枕 CPAP が使いやすい 気道を確保 頭痛 疲労回復 マッサージ機能 YOKONE3

安眠するならヨコネで決まり!睡眠のお悩み解消に!

いかがでしたでしょうか?眠りの質が良くなれば、起きている時間にも変化があると言われています。

前日によく眠れず、物事に集中できなければ、良い結果を出すこともできませんよね。睡眠は万人に共通する栄養補給です。

そんな睡眠の質を良くするために、横向き専用枕「ヨコネ」を是非利用してみて下さい。

睡眠のお悩みが解消されたとき、人生のお悩みも解消されるかもしれませんよ?

横向き寝 枕 横向き寝用枕 いびき 枕 睡眠時無呼吸症候群 横寝枕 ストレートネック 肩こり 枕 CPAP が使いやすい 気道を確保 頭痛 疲労回復 マッサージ機能 YOKONE3